広がるRPAの適用領域

開発された当初から改良に改良を重ね、昔よりも幅広い業界での導入や活用がなされているのが、RPAの技術と言えるのではないでしょうか。

具体的にどういった業界でどう活課されているのかというと、RPA導入の先駆けとも言える金融や保険などの業界の場合、各種申込といった顧客書類の集計や、証票などの情報を照らし合わせたりといった業務を自動化している企業が多いそうです。特にこういった業種の場合、顧客情報などの書類数は非常に多く、そこの事務的作業を全て自動化することにより大幅な人件費の削減が実現したと言われています。

その他にも、契約している顧客の保険金請求の書類や、証券記号の番号などを読み取るといった作業や、それを照会するするための契約情報を管理システムなどからデータ検索し、実際に照会、まとめといった作業にも適しているため、その導入は広がりを見せていると言えるでしょう。

また、小売業での導入としては、取扱っている商品データを、各企業のホームページなどから自動に取得して、自身の会社のホームページや社内の情報管理部門への情報更新といった業務をRPAで行っているところもあるようです。

さらに、インターネットを利用した通信販売を行っている場合は、受注の処理といったものを自動化することにより、効率化を図っている企業もあるようです。

今まででは不可能かと思われていたサービス業についても、従業員の勤務時間情報などの集計や登録といった部分を自動化することで、人的負担が大きく削減したというケースもあるようです。

現在では医療施設などにもRPA導入が開始されているようで、難解で複雑な医療関連の書類の計算やデータ化などの業務を自動化し、より迅速で安価な対応ができるようになっていると言われています。

他にも物流業界などでも導入が進み、さまざまな情報をRPAのデータベースに統合することで、大きな効率化が実現していると言われています。