経理やバックオフィスに導入

進化し続けるRPAですが、人事、経理、総務といった部門では、どのような活躍を見せているのでしょうか。

人事や労務を扱っている部門の場合、従業員全員の毎日の勤怠情報を収集し、その日どのくらいの時間働いたのかということを、合計数はもちろん、一人ずつ個別に集計するといった作業に適用されているようです。

こういった部門での活用では、設定の時点で労働時間のルールを決めておき、法定外の労働時間になりそうな場合や、過重労働になってしまっている社員に対し、何らかの形ですぐに知らせるようにしておくことができるようです。

近年では「働き方改革」は重要視され、労務の管理リスクというものはとても重大なものと言えるでしょう。少しでも人の行う作業数を減らし、安心して就労できるように導入している会社も少なくないようです。

経理という部門は、実はRPAが最大限に力を発揮できる部門であると言えるかもしれません。経理の管轄する業務数や扱う情報数というのは、交通費ひとつとっても相当数になると言えるでしょう。

経費は役職ごとに額が決められていたり、社員全員が使う交通手段はもちろん、移動区間すらそれぞれ違うのは当然でしょう。他にも引っ越しや有給、提出された交通費の額の照会、確認など、その情報処理にあたるには相当な集中力が必要だったのではないでしょうか。

経理では、こういった気の遠くなるような作業を自動化するためにRPAを導入するべきであると言えるでしょう。また、売掛金が回収できているかという確認書類の作成や、基幹となるシステムへのデータ反映などを自動化するといった例もあるようです。

営業では、受注内容を確認し、それをデータ化して受注システムへ入力することに始まり、納期を確認したり、納期を連絡するまでの一連作業にRPAを導入し、バックオフィス業務を任せてしまうという場合が多く見られるようです。アイテム別に販売数を集計したり、売上金額の集計や販売におけるレポート作成といった業務に多く活用されているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です