パソコン作業の自動化

企業単位ではなく、個別にRPA製品を作業に導入したいといった場合、どのようなことが必要になってくるのでしょうか。事例を挙げながら見ていきましょう。

今回はWindowsのパソコンを使用している人向けに解説しましょう。パソコンでの反復作業や単純作業を自動化することができれば、操作する側がどんな状態であったとしても入力ミスといった人的ミスを回避できると言えるでしょう。

このように作業効率を向上させることが期待されるWindows用のRPAツールというのが「WinActor」と呼ばれているものでしょう。このツールでは、Windowsで操作可能なさまざまなアプリケーション、また、会社のシステムなどへの連携も可能とされているようです。

他にも、自動的に情報を記録できるといった機能が搭載されているようで、専門的な知識を持っていない人であっても、自動化のためのルール作成できるようになっているようです。

具体的には、直感で操作して編集が可能になっているようなイメージやルールが表示されるといったようにわかりやすく操作できるようになっているようです。

またこのロボットは、日本で開発されたRPAと言えるため、操作を行う画面や説明書、ヘルプ機能なども日本語で対応が可能であることが最大の利点と言え、国内の大企業などでも多く導入され、活用されているようです。

試験運用などもあるようなので試してみると良いのではないでしょうか。

このようなシステムを用い、専門の注文書などを作成すれば、受注情報は自動に識別され、帳票ごとの内容を受注システムへと迅速に入力することが可能となるのではないでしょうか。情報処理上におけるミスは減り、かつ作業は大幅に効率化が測れると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です