適材適所の導入

RPAの導入の際に気をつけるべきことは、長期的に導入計画を検討するべきであると言うことではないでしょうか。RPAを形成するシステムは、大きく2種類に分類されていると言われています。ひとつはデスクトップ型のRPAで、もうひとつがサーバー型のRPAと言えるでしょう。ロボットが自動化する範囲がサーバー上だけで行われるものが「サーバー型RPA」であり、適用したい範囲が多くなっていくにつれ、ロボットの数を増やしていく必要があるでしょう。この型のRPAは、ロボットの全動作をサーバー上に限定されるため、変な動きを見せたり不審な点があったりした場合、すぐさま検知することができ、対応していくことが可能と言えます。集中してサーバーの上で動作し、膨大な量の情報処理を行えるため、ROIも高くなると言えるでしょう。対して、デスクトップ型のRPAは、働く範囲がクライアントのパソコンの中だけでしかないため、各パソコンにおける作業に絞り込んで自動的に行える部分を増やしていくといったような場合には適していると言えるでしょう。この場合、1つの端末ごとに導入することができるため、最初の段階でかかる投資費用を低くする目的で、小さい規模の事業への導入が多くなっているようです。また、それぞれの部門ごとに、その業務に沿ったRPAが使えるなど、便利良く導入することが出来ることが強みと考えられるでしょう。けれど、大量のロボットが働かなければならないような大きな規模の導入や、膨大な量の情報処理といった仕事には向いていないと言えるでしょう。パソコンごとで管理することができるため、セキュリティ面での不安は否めないこと、さらに、管理が会社でないというデメリットも視野に入れて検討することが大切です。今は、この2種類のRPAを連携したものもあるようで、欠点をカバーし合い、より便利にできるかどうかという点が特徴と言え、新しいRPA導入の形が期待できると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です