RPAのレベル

RPAのシステムは、適用可能とされる業務範囲や対象となる作業工程上の判断基準などによって、大きく4つのレベルに分類する事ができるようです。

レベル1は、その名もズバリ「弱いRPA」と呼ばれているようで、アプリケーションが単独の場合か、対象のアプリケーションが限られているものを自動化するものと言えるでしょう。

処理が可能とされる業務は簡単なものが多く、対象となる領域も広くないため、所謂、定型的で単純な作業を対象に適用されるようです。

レベル2は、適用対象のアプリケーションも多く、プログラミング言語なども扱えるため、複雑な業務でも対応可能な形態のため「強いRPA」と呼ばれているようです。 こちらは、複数のアプリケーション同士の処理を1つの課程として自動化が可能ということもあり、条件分岐が繊細で複雑の場合にも、ルール化さえなされれば的確に処理する事ができるようです。

レベル3は「弱いCA」と呼ばれるものであり、現在開発中のAI技術や認知機能といったものを取り入れ、業務工程を学んだり、手書きのメモや写真から文字を読み取ったりすることにより、自動化の業務範囲を拡大したり、正確さを高めるといった働きを期待できるようです。

レベル4は「強いCA」と呼ばれるもので、強力な汎用AIを導入し、そのディープラーニング機能などを駆使することにより、予測不能な事象であっても、その対処法を算出し、AIとRPAでありながら、人が仕事をするのと同じレベルでの判断をしながら業務を進行することができるようになっているものを指しているようです。

現段階でのRPAはレベル2を実現し、レベル3へと歩みを進めている段階と言えるでしょう。さらなる進化によって未来は大きく輝いていると言えるでしょう。